まいにちソフト

ちょっとしたアプリで日々を少し楽しく

今後の開発の展望と目標。android版開発と海外展開を視野に

現在と未来

最近のダウンロード数は1日200ダウンロード、収入で言えば300円強ほどの広告収入となっています。月に直すと10000円前後です。まだまだ雀の涙ではあるのですが、アプリ開発がサービスとして成立し、これからスケールしていこうという段階に入ったと考えています。

 

現状のダウンロードはほとんどiOS版の学習記録帳の日本からのものによります。これはまだまだ伸び代がたくさんあることを示しています。当面の目標は月10万程度の収入の確保なのですが、今回は現状の10倍の収入に至るためのロードマップのようなものを示せればと思います。

 

さて、収入が

 収入∝ダウンロード数

 収入∝継続利用日数、頻度

だと思えば、収入を増やすために取るべき戦略は大きく二つ分けて、

 1:ダウンロード数を伸ばす

 2:利用率を伸ばす

になるわけです。

今年はこの内、主に前者のダウンロード数を伸ばすことを念頭に活動したいと思います。具体的には、

 ・iOS版のランキング掲載効果によるダウンロード増加(見込み2倍)

 ・android版の機能拡充とマーケティング活動(iOSのみからマーケット2倍)

 ・海外への売り込み(メインは米中。ざっくりマーケット3倍)

 ・新規基幹アプリの開発(アプリ2つで売り上げ2倍)

といった感じです。

全部上手くいけば2*2*3*2=24倍で月商24万になりますね。まぁ、半分も達成できれば十分すぎる結果でしょう。

少し、それぞれの項目について現状と展望を見てみましょう。

■ランキング掲載効果

iOS版ですが、1日だけappStoreのランキング教育カテゴリの197位に掲載されました。まだ一瞬の最大風速がランキングに触れただけですが、もう一押し営業活動を頑張ればランキングに常駐できるようになり、自然流入によるダウンロードが増える結果となるでしょう。学習記録帳を紹介してくださるサイト様、特に「勉強で役立つアプリ○選」のような掲載をしてくださっているサイト様が増えてきました。どの辺が天井になるかは分かりませんが、徐々にダウンロード数が伸びていく印象です。

■android版

仮に作っていたandroid版に最近手を入れ始め、バグも減ってある程度動くようになりました。まだダウンロード数は日に10件ぐらいであり、iOS版と比べるとまだまだな印象ではありますがマーケット自体はiOSと同様にありますので今後日本国内だけでも100-200DL/日は見込めるはずです。また、iOSとandroidが揃ったので今後のマーケティングがやりやすく、効率が2倍になります。

■海外戦略

海外は、翻訳した言語の数だけ比例倍してダウンロードが増えるはずです。実は、10カ国語以上にストアの情報を翻訳して公開しているのですが、日本以外からのダウンロードはあまり増えておらず、効果の程は不透明です。翻訳が下手なのか、海外サイトへのアピールが足りないのかは分かりませんが。。。

最近コロナウイルスの影響で自宅学習する人が増えてきました。私のアプリはその辺りは追い風でして、中国やイタリアからのアクセスが増えています。特に中国からのインプレッション数はここ数日日本を追い抜きトップです。この状態でダウンロード数が伸び悩んでいるのはやはり翻訳の精度が低いのでしょう。この辺りを改善するとともに中国語圏、英語圏へのアピールを増やして目標3倍程度のマーケットの拡充を目指そうと思います。

■新規基幹アプリ

これまで10個以上のアプリを作ってきましたが、売り上げの面では学習記録帳が圧倒的です。しかし、アプリひとつではいずれ限界を迎えることは想像に難くありませんし、コンスタントにヒットアプリを出すことが将来の財産になるはずです。学習記録帳の売り込みに並行してアプリ開発を進め、今年、来年あたりでもう一つヒットが生まれたら良いと思っています。これは多分に希望的な目標です。

 

実現性はいかに

ここまで取らぬ狸の皮算用を重ねたわけですが、大目標を小さな目標に分割すると実現性が見えてくるような気がします。ただし、今回の考察は時間のスケールがどこにも含まれていません。したがって、これが実現するまで1年なのか、5年かかるのか、何も示していませんし、イメージできなかったことでもあります。しかるべき布石を打てば数年後には達成できると考えていますが・・・。進展があり次第、また報告します。

プライバシーポリシー / お問い合わせ